モットンマットレスが効果なしって口コミを見たけど効果を実践した100日体験記

モットンは累計販売本数10万本突破した大人気の腰痛対策マットレスです。

大人気とは言っても、多くの方はモットンが腰痛に効果的な理由やメリット・デメリット、寿命などを知ってから購入を決めたいはず。

モットンが腰痛に効果的な理由は次の3つにあります。

・優れた体圧分散性
・寝返りサポート
・理想の寝姿勢を作る

さらに、他の高反発マットレスにはないメリットもたくさんあるのです。

本記事では、実際にモットンで腰痛緩和した筆者がモットンのメリットやデメリット、他のマットレスとの比較、お得な購入方法、口コミなどを解説します。

モットンのマットレスに興味がある方には、きっと参考になるはずです。

それでは早速見ていきましょう!

腰痛とマットレスの関係を簡単に確認

そもそも、なぜマットレスを変えるだけで、長年の悩みである腰痛が解消されるのでしょうか?

それは私たちが一日の3分の1をマットレスの上で過ごし、マットレスが悪ければ、日中の疲れや背骨の歪みが治らないからです。

まずは腰痛とマットレスの関係を見ていきましょう。

腰痛の約85%は原因不明

全体の85%の腰痛は原因不明と言われています。

原因不明だからこそ、はっきりとした治療方法も判明していないのです。

ただ、長引く腰痛の原因は次のいずれかであることが多いです。

・姿勢の悪さ
・仕事で長時間座ったり、重いものを持ち上げたりする
・筋肉の衰え
・骨の老化や歪み

結局のところ原因は様々ですが、筋肉の凝りや背骨の歪みが根本的な問題なのです。

マットレスが腰痛に与える影響

当然のように使っていながら、私たちはマットレスの役目を詳しく知りません。

マットレスの主な役割は、理想の睡眠姿勢と自然な寝返りをサポートすることです。

まずは理想の寝姿勢から解説していきます。

人間が立っている時、首と腰のあたりで背骨が緩やかにS字カーブしているのです。

この背骨の自然なカーブを、横になった時にも保てているのが、理想の寝姿勢。

理想の寝姿勢が崩れると、背骨に歪みが生じ、腰痛の原因となってしまいます。

例えば、気持ちの良い寝心地の低反発マットレスは、身体を包み込む柔らかな寝心地が大人気の理由です。

しかし、私たちが横になった時、各パーツに均等に重さがかかるわけではありません。

一番重いのが臀部、その次に重いのが胸部です。

つまり、しっかりとした反発力がないマットレスだと、臀部と胸部だけが深く沈み込んでしまいます。

結果的に、背骨がS字ではなく、崩れたくの字にになるのです。

次に寝返りについて見ていきます。

私たちが寝返りを行う理由は、特定の箇所に長時間体重がかかるのを防ぐためです。

ずっと同じ姿勢でいると、血流の流れが悪くなったり、筋肉が凝ったりします。

なかでも比重の多い臀部の筋肉が凝ると、腰痛悪化の原因となるでしょう。

もしマットレスが硬すぎると、各パーツにかかる体圧が強すぎるため、寝返り回数が多くなりすぎます。

逆に柔らかなマットレスだと、身体が沈み込んだ状態からの寝返りとなるので、余計な力がかかるのです。

寝返りは深い睡眠状態のノンレム睡眠時に起きることを考慮すると、寝返りのたびに脳が覚醒して、身体が十分に休息取れません。

つまり、硬すぎず柔らかすぎずのマットレスを選ぶことが大事。

見てきたように、寝姿勢と寝返りが腰痛に与える影響は大きいです。

マットレス次第で、腰痛は良くも悪くもなります。

腰痛に効くマットレスたった2つの条件

腰痛の根本的な原因は、背骨のゆがみや腰当たりの筋肉の凝りでした。

そして、この2つの原因はマットレスである程度改善できましたね。

腰痛に効果的なマットレスは次の条件を満たします。

・優れた体圧分散性
・程よい硬さ

他にも、経済性や通気性、耐久性などチェックポイントはありますが、大事なのは上の2つです。

マットレスの硬さの感じ方は、筋肉量や体重など個々人によって異なります。

そのため、理想の寝姿勢をキープできて、自然な寝返りができるマットレスを選ぶようにしましょう。

モットンのマットレスを使うメリット

モットンのマットレスは、数ある腰痛マットレスの中でも特におすすめの商品です。

反発力と体圧分散性が高いので、理想の寝姿勢と自然な寝返りをばっちりサポート!

それだけではなく、通気性や耐久性、そして選べる3つの硬さなども魅力的です。

ここからは、モットンマットレス6つのメリットを紹介します。

1.優れた体圧分散性

マットレスに横になった時、頭や胸部、臀部など各パーツには圧がかかります。

この圧を分散させるマットレスの力を、体圧分散性と言うのです。

フローリングの上にしばらく横になると分かりますが、胸部や臀部に痛みを感じるでしょう。

その理由は、出っ張った胸部と臀部には大きな圧がかかる上、硬いマットレスやフローリングの体圧分散性は極めて低いからです。

モットンに横になると、マットレスが身体をふわりと持ち上げる感覚を得られます。

それは優れた体圧分散の証拠です。

身体にかかる圧力を上手に分散させるため、ストレスフリーの快適な睡眠を得られます。

2.適度な反発力が自然な寝返りを実現!

実は体圧分散性だけにこだわるのなら、身体に合わせて変形する低反発マットレスがベストです。

柔らかいマットレスほど、身体との密着率が高くなり、体圧分散性に優れます。

しかし、低反発マットレスを使うことで以下のデメリットが生じるのです。

・理想の寝姿勢が崩れる
・寝返りがしにくくなる
・蒸れやすくなる

腰部分が深く沈み込むので、背骨がS字ではなく、くの字になってしまいます。

これは腰痛の大きな原因です。

つまり、単純に柔らかいマットレスが良いマットレスではありません。

モットンマットレスには、高反発のウレタンフォームが使用されています。

身体を優しく押し上げるので、理想の寝姿勢を一晩中キープします。

さらに、身体が沈み込まないため、余分な力をかけることなく寝返りができるのもグッドポイント!

今、柔らかなマットレスを使っている方は、モットンだと楽に寝返りができることに驚くでしょう。

3.約11年使える耐久性

マットレスは数万円するので、頻繁に買い替えたくはないですよね。

しかし、へたり込んだマットレスは腰痛の原因となれば、熟睡もできません。

そのため、耐久性の高いマットレスを選ぶことが、快適な睡眠生活を送るためにも、経済的負担を減らすためにも大切です。

一般的に、マットレスの寿命は5~7年、良いものだと約10年と言われています。

そして、気になるモットンの寿命は約11年なのです。

耐久性試験の結果、約11年使用しても3.9%しかへたらないと判明しています。

また、ウレタンマットレスの場合は、ウレタンフォームの密度もチェックしましょう。

密度30D以上なら耐久性は高く、25D以下なら耐久性は低いです。

モットンの密度は30D以上とかなり高くなっています。

一度購入して、丁寧に使えば約10年は買い替えなくていいのは、嬉しいポイントですよね。

4.赤ちゃんも使えるほど衛生的

マットレスは常に清潔な状態に保たなければいけません。

不衛生な状態が続くと、最悪の場合はカビやダニが発生するのです。

モットンの素材ウレタンフォームは、ダニやカビの発生リスクが極めて低い衛生的な素材として知られています。

寝心地が良くとも、ダニやカビが発生しやすいマットレスは使いたくないですよね。

想像するだけで、身体がかゆくなってしまいます。

でも、モットンのマットレスはそんな心配は不要です。

後ほど紹介しますが、お手入れ方法もとっても簡単なので、毎日安心して使えます。

また、ウレタンフォームの泡の大きさを調節した最先端構造も特徴です。

こうすることで、ウレタンの通気性の悪さを改善しています。

5.モットンならではの選べる3つの硬さ

マットレスの硬さの感じ方は、人によって違います。

例えば、体重の軽い方が一般的な高反発マットレスを使うと、硬すぎると感じるでしょう。

対して、体重が重めの方だと沈み込みを感じるかもしれません。

腰痛対策には高反発マットレスが良いですが、適切な硬さは人によって変わるのです。

だからこそ、モットンは3つの硬さを用意しています。

体重が軽めの方に100N、標準の方に140N、重めの方や筋肉質の方に170Nがあるのです。

体型や好みに合わせて硬さを選べるのは助かります。

1回限りなら硬さの交換も可能なので、初めて高反発マットレスを試す方も安心ですね。

6.気軽に試せる安心の返金保証

高反発マットレスを試したいものの、「合わなかったらどうしよう」などの不安から、購入に踏み切れない方は多いです。

そんな方にこそ、モットンをおすすめします。

モットンは通販販売なので、店舗がありません。

そのため、店舗での寝心地チェックはできないのです。

その代わりに、90日間の返金保証がついています。

90日間利用してみて、合っていないと感じたら全額返金してもらえるのです。

もちろん、90日間の期間中に破損しても返品対象となります。

店舗で試し寝をしても、本当にあなたに合っているかどうか正確に分からないでしょう。

数週間寝てみることで、寝心地や腰痛などの効果が実感できるのです。

万が一、90日間使ってみて何の効果も感じなければ、変えた方がいいでしょう。

このように約3か月間のお試し期間を設けているのは、モットンが利用者の立場にたっている証と言えます。

モットンマットレスのデメリットは?

トータルでレベルの高いモットンマットレスですが、デメリットもいくつかあります。

正直なところ、どれも大きなデメリットではないです。

しかし、デメリットを考慮したうえで、購入を決定するようにしましょう。

1.夏は若干暑さを感じるかも

モットンは通気性を良くする工夫が施されています。

春や秋・冬は問題ありませんが、夏は少々蒸れを感じるかもしれません。

ただ、通気性が高すぎると冬は寒さを感じるというデメリットが生じるのです。

通気性の良さが程々なモットンは、ある意味でバランスの取れたマットレスと言えます。

もし暑さや蒸れを感じるようなら、敷きパッドなどを使うといいでしょう。

温度調整効果だけではなく、マットレスが汚れるのも防げます。

敷きパッドは洗濯できるタイプのものを選ぶのがおすすめです。

2.メールマガジンが届くようになる

モットンで商品を購入すると、メールマガジンが配信されるようになります。

メルマガの停止は、お問い合わせフォームに登録アドレスを記入するだけで、すぐに解除可能。

私も解除手続きしましたが、1分ほどで終わりました。

そのため大きなデメリットではありませんが、少々面倒くさいと感じる方もいるかもしれません。

3.丸洗いできない

モットンは汗や空気が上から下に流れやすい構造になっています。

マットレス内部も衛生的な環境を保てますが、丸洗いできるマットレスには適いません。

丸洗いできるマットレスは、湿気や汗、汚れをしっかりと落とせます。

多くのマットレスと同じく、モットンは内部まで洗えないのは残念なポイント。

しかし、工夫を施されたウレタンフォームなので、長年使用しても清潔さは保たれるでしょう。

4.新品はウレタンの臭いがあるかも

ウレタンマットレスの購入経験がある方なら分かると思いますが、新品のウレタンは嫌な匂いを発することがあります。

モットンも例外ではなく、届いた時に匂いが気になる可能性はあるでしょう。

万が一、匂いが気になった場合は、風通しの良い場所で数時間陰干しをしてください。

マットレスを立てかけることで、ウレタンが吸着した匂いが外に出ていくのです。

5.90日間の縛りがある

モットンは通販専門のため、店舗で試すことはできません。

その代わりに、90日間使うことで全額返金の対象となりましたね。

しかし見方を変えれば、90日間は必ず使用しなければいけないということ。

返金保証で気軽に購入こそできますが、店舗で試せなかったり、最低90日間使ったりしないといけないのはデメリットと思う方もいるでしょう。

モットンがおすすめの人とそうでない人

モットンがおすすめの人とそうでない人をまとめてみました。

モットンがおすすめの人

モットンがおすすめなのは、こんな人たちです。

・腰痛に悩んでいる
・夜中に何度も目が覚める
・寝返りが打てない
・朝起きてもスッキリしない
・子育てや妊娠中の方
・気軽に高反発マットレスを試してみたい方

モットンは全身の筋肉をしっかりと休められるので、驚くほど目覚めがスッキリします。

私もモットンを使い始めてから、久しぶりに熟睡できたなという感覚を得られました。

また、硬さの交換と全額返金保証もあるので、基本的に損するリスクはありません。

10万円以下のマットレスの中では、断トツでおすすめなので、気になる方は前向きに検討してみてください。

おすすめできない人

モットンマットレスがおすすめできない人もいます。

まずは、体重が120㎏以上の方です。

モットンは日本人の体型に合わせて開発されています。

だからこそ、筋力が少ない方や体重が軽い方でも、楽々寝返りが行えるのです。

しかし、体重が100㎏を超える方だと、モットンが沈み込むかもしれません。

体重や筋肉のある方は、外国製の腰痛マットレスがおすすめです。

外国製のマットレスは、外国人を対象としているため、国産よりも硬めとなっています。

例えば、後ほど紹介するマニフレックスは、硬めの寝心地を好む方におすすめです。

その他にも、店舗で試したい方や硬めの寝心地が嫌いな方には、モットンは合わないでしょう。

一人だからシングルはダメ!モットンの正しいサイズの選び方

モットンのサイズは、シングル・セミダブル・ダブルの3種類です。

せっかく腰痛や快眠のためにマットレスを交換するのなら、正しいサイズ選びをしましょう。

よく一人=シングルなどの選ばれ方がしますが、それは間違いです。

標準体型の方にとって、シングルサイズはやや狭め。

無意識のうちにベッドから落ちないようにするため、寝返り回数が少なくなるでしょう。

正しいマットレスサイズの選び方は、真ん中で眠った時、左右に30㎝ほどの余裕ができるようにすること。

もちろん部屋の面積との兼ね合いもありますが、基本的には一人ならセミダブルがおすすめです。

モットンはサイズ交換も行ってくれます。

サイズ交換でかかる費用は、配送手数料と商品差額だけです。

ただし、一度交換すると返金保証対象外となるので注意しましょう。

モットンは体重に合った硬さを選ぼう

腰痛対策やすっきりとした睡眠には硬めのマットレスがおすすめです。

しかし、硬すぎるマットレスは腰痛悪化の原因となります。

マットレスが硬すぎると、寝ている時に腰が浮きすぎて、腰付近の筋肉に負担がかかるのです。

そして、マットレスの最適な硬さは人によって違いました。

同じ硬さのマットレスでも、硬すぎると感じる方がいれば、柔らかいなと感じる人もいるのです。

誰もが最適な硬さのマットレスを選べるよう、モットンは3つの硬さを用意しています。

好みで選ぶのもいいですが、まずは以下のように体重を目安に硬さを選ぶのがおすすめです。

・100ニュートン:45㎏以下
・140ニュートン:46㎏~80㎏
・170ニュートン:81kg以上

返金保証期間内であれば、配送手数料3,942円支払うだけで、硬さも1回のみ変更可能です。

硬さ選びの参考までに伝えると、消費者庁は110ニュートン以上を硬め、75ニュートン以上110ニュートン未満をふつうと定めています。

そのため、モットンの100ニュートンは、ふつうよりも若干硬めというくらいです。

体重が軽い方でも抵抗なく使えれば、硬すぎるのが苦手な方にもおすすめ。

気になるモットンの価格とお得なキャンペーン詳細

モットンは定期的にお得なキャンペーンを実施しています。

キャンペーン中は、全サイズ定価の2万円引きでマットレス購入ができるのです。

かなりお得になるので、絶対にキャンペーン中に購入するのがおすすめ。

以下がキャンペーン中のマットレスの価格です。

・シングル:39,800円
・セミダブル:49,800円
・ダブル:59,800円

全国どこでも配送手数料は無料で、90日間の返金保証はついています。

例えば、セミダブルを10年間使った場合、1日当たりの価格は約13円です。

そう考えると、かなり良心的な価格だと思います。

腰痛対策にはどっちがいい?人気のマットレスとモットンを徹底比較

腰痛マットレスはいくつもあるので、「どれを選べばいいのか分からない」や「違いが知りたい」など思っている方もいるでしょう。

結論から言えば、腰痛対策目的ならモットンが一番おすすめです。

ここからは、モットンと人気の腰痛マットレスを比較するので、ぜひ参考にしてください。

雲の安らぎ

多くの方が悩むのが、雲の安らぎとモットンです。

雲の安らぎは、17㎝の5層構造になっているのが特徴。

一般的な布団などもまた、いくつかの層を重ねてできていますが、耐久性が低い弱点があります。

対して雲の安らぎの場合は、中間に高反発スプリングマットを置いているため、へたりに強くなっているのです。

一番上の層にはフランス産の羊毛が詰められています。

羊毛は吸湿性に優れていて温かいです。

寝姿勢と寝返りのサポートだけではなく、腰を温めて腰痛にアプローチします。

雲の安らぎもまた腰痛対策に効果的です。

しかし、腰痛対策の観点で見ると、自慢の5層構造がマイナス点となるかもしれません。

私も実際に感じましたが、雲の安らぎに横になると、若干身体が沈みます。

というのも、高反発スプリングマットは上から約6.5㎝に位置しているからです。

若干身体が沈むのも当然であり、人によっては理想の寝姿勢や寝返りはできないかもしれません。

また、硬さが選べないのも残念な点ですね。

体重が標準よりも軽めの方、柔らかな寝心地が好きな方にはおすすめできますが、基本的にはモットンの方がおすすめです。

マニフレックス

マニフレックスはイタリアの寝具メーカーです。

すべての製品はイタリアで生産されている正真正銘のイタリア産マットレス。

マニフレックスは次世代高反発フォーム「エリオセル」を開発しています。

エリオセルは身体の自然なカーブをそのまま受け止めて、理想的な睡眠姿勢をサポートしてくれるのです。

マットレスは軽量でお手入れがしやすく、抜群の通気性、温度変化で硬さが変わらないというメリットもあります。

私は最後までマニフレックスとモットンで迷いました。

そして、モットンに決めた理由は、マニフレックスの硬さにあります。

取扱店でマニフレックスを試したのですが、マットレスがかなり硬いイメージを受けました。

筋肉や体重のある方にはぴったりかもしれませんが、標準体型の方は慣れないかもしれません。

また、モットンのようにお試し期間がないのも決めてでした。

モットンとマニフレックスで悩んでいる方は、まずはモットンを試してみて、合わなければマニフレックスにするのがおすすめです。

オクタスプリング

オクタスプリングのマットレスは、高反発と低反発の良さを合わせたハイブリッド反発と言われます。

低反発のように身体にフィットする寝心地ながらも、しっかりとした弾力性を備えているのです。

また、スプリングが独立しているため、2人で寝ていても揺れが伝わりにくいというメリットがあります。

マットレスの硬さは、頭・背中・臀部・太もも・かかとの5つの部分で異なるようです。

ただ、肝心の硬さが明記されていないのが気になるところ。

せっかく5つの部分で分けたとしても、腰部分がニュートンが110以下なら腰痛対策に期待できません。

寝心地こそいいですが、マットレスの薄さもあり、腰痛対策ならモットンの方がおすすめです。

エアウィーヴ

多くの有名アスリートが使用しているマットレスです。

90%以上空気の独自素材エアファイバーのおかげで、高い反発力と体圧分散性ながら、抜群の通気性を誇ります。

また、マットレスを丸洗いできるのも大きな特徴。

毎日衛生的なマットレスで睡眠できます。

ただし、価格が高いのが難点。

ベッドマットレスだとシングルサイズでも97,200円もします。

30日以内なら返品できますが、それでも気軽に試せる額ではありません。

寝心地はしっかりとした硬めなので、気になる方はまず店舗体験してみるといいでしょう。

低反発マットレス

おそらく多くの方が気になっているのが、腰痛対策に低反発マットレスを使えるのかどうか。

柔らかなマットレスは、体圧分散性に優れ、冬は温かいです。

なにより寝心地の良さが抜群。

しかし、次の理由から腰痛対策には向きませんでした。

・寝姿勢が崩れる
・寝返りで余分な力が必要になる

特に腰の部分が大きく沈み、背骨がくの字になるため、腰痛悪化の原因となるでしょう。

ただし、体重が40㎏以下の方は低反発マットレスでもいいかもしれません。

体重が軽い方は、高反発マットレスだと圧力が強すぎて、腰の筋肉に負担がかかります。

そのため、100ニュートンの高反発マットレス、もしくは深く沈まない低反発マットレスがおすすめです。

また、どうしても低反発マットレスを使いたいという方は、できるだけ薄めのものを選んでください。

それを他のマットレスや敷布団の上に重ねて活用するのです。

この使用方法なら、腰痛対策にこそなりませんが、少なくとも腰痛悪化の可能性は避けられるでしょう。

モットンの寿命を伸ばすお手入れ方法

モットンは吸収放湿性に優れていて、衛生的なマットレスとなっています。

しかし、環境や長年使用することで、裏側に湿気が溜まりカビが発生するリスクがあるのです。

寿命や衛生面を考えると、モットンに限らず全てのマットレスは定期的なお手入れが必要。

モットンのお手入れ方法は簡単です。

週に1~2回風通しの良い日陰で、マットレスを数時間立てかけるだけ。

こうすることで、マットレス内部に溜まった湿気がなくなるのです。

もう1つ実施してもらいたいのが、3か月に1回の頻度でマットレスの上下表裏を変えること。

いつも同じ面でマットレスを使用していると、重い腰や胸部分だけが大きく凹みます。

最悪の場合は、腰の部分がくの字になってしまい、せっかくの腰痛マットレスも台無しです。

モットンはセミダブルで約9キロなので、女性でも楽々マットレスを動かせるでしょう。

この2つのお手入れで十分ですが、できるならベッドパッドも使ってください。

ベッドパッドがあるだけで、汗や汚れがマットレスに付着するのを防げます。

また、夏は蒸れ防止にもつながります。

モットンはお手入れのしやすさも魅力なので、ぜひ定期的に行ってください。

モットンの購入は必ず公式サイトで!

モットンは通販専門商品ですが、大手ネットショッピングサイトやフリマサイトなどでも販売されています。

しかし、必ず公式サイトで購入手続きするようにしてください。

正規商品を販売しているのは公式サイトだけです。

他サイトだと品質保証されていなければ、定価よりも高く売られている可能性があります。

なにより公式サイト以外からの購入だと、返品保証の対象外となってしまうのです。

返品保証がなくなるのは大きなデメリットですし、わざわざ割高価格で購入する意味はありません。

ポイント目的の方もいるでしょうが、モットンは必ず公式サイトで購入するようにしましょう。

公式サイトより分かりやすい!モットンの返金保証と交換の仕方

多くの方が効果を感じているモットンですが、もしかしたら合わないと感じるかもしれません。

そんな時は遠慮することなく返金保証、もしくはサイズ/硬さ交換を依頼しましょう。

具体的な手順を紹介します。

【返金保証】

返金保証を行うためには、商品到着から90日経過した後、2週間以内に返金依頼を申請します。

申請手順は以下の通りです。

1.公式サイトから返品フォームへ
2.返品依頼フォームを記入して、返金依頼をする
3.本体、カバー、保証書を送料負担で指定倉庫へ送る
4.30日以内に指定口座に金額が振り込まれます

【交換手順】

硬さやサイズが合わなかった場合、返金保証期間内なら配送手数料3,924円負担のみで、1度限り交換できます。

小さいサイズから大きいサイズに変更する場合、商品の差額が発生します。

一方、大きいサイズから小さいサイズに変更する場合、差額の返金は行われません。

交換依頼は、公式サイトの「お問い合わせ」から行います。

モットンを販売している会社は?

モットンを販売するのは、東京と福岡に拠点を持つモットンジャパンです。

寝具メーカーとして、モットンマットレスの他に、枕や掛け布団なども販売しています。

腰痛対策に特化しており、年商15億円超えるなど今勢いがある会社です。

会社情報も明記されていて、決して怪しい会社ではありません。

モットンに関するよくあるQ&A

ここからは、モットンに関するよくある疑問にお答えします。

全ての疑問を解決してから、購入するかどうか検討しましょう。

モットンは国産マットレスなの?

以前は中国で製造されているようでした。

しかし、公式サイトを確認してみると、今は日本で製造されているようです。

中国製だから必ず悪いというわけでもないですが、やはり国産の方が安心感はありますよね。

製品はISO認定工場で製造されているため、品質や安全性は極めて高いです。

床や畳に置いて眠ってもいい?

モットンは約10㎝の厚みがあるので、床や畳に直接敷いて眠ることも可能です。

また、モットンは2つ折りもしくは3つ折りできるため、部屋が狭い方にもおすすめ。

付属のゴムバンドを使えば、簡単に収納できるのです。

ただし、柔らかいベッドマットレスの上には敷かないでください。

下のマットレスが柔らかいと、モットンの体圧分散性や反発力が台無しになってしまいます。

マットレスが柔らかいなら、マットレスを取り除いたり、床に直接敷いて寝たりした方がいいです。

赤ちゃんや子供に使ってもいい?

赤ちゃんや子供にもモットンはおすすめ。

特に筋肉が発達していない乳幼児と高反発マットレスの相性は良いです。

また、乳幼児は頭が一番重くなっています。

低反発マットレスだと、頭だけ沈み込んで、最悪の場合は寝返りができずに窒息死する可能性もあるのです。

モットンはダニやホコリの心配がないので、赤ちゃんや子供にもぴったり。

実際に家族全員モットンを使用している家庭もいますよ。

効果を感じるまでの期間が知りたい

モットンを使い始めてから効果を実感できるまでの期間は人それぞれです。

使い始めた翌日や3日後から効果を感じる人もいれば、2か月後に感じる人もいます。

基本的には、早くて2週間から1か月、遅くても3か月までに効果は実感できるでしょう。

3か月たっても一向に効果を感じないのなら、モットンは合っていない可能性が高いです。

そのため、返金してもらって他の腰痛マットレスを探した方がいいでしょう。

電気毛布や布団乾燥機も使える?

高反発マットレスは熱に弱いです。

高温の熱がかかることで、マットレスに変色や変形が起きてしまいます。

そのため、多くの高反発マットレスは電気毛布や布団乾燥機の使用を禁止しています。

しかし、モットンは50度未満なら電気毛布や乾燥機の使用は可能。

寒い冬でも暖かさを保てるのは嬉しいですね、

肩こりにも効果はありますか?

モットンは肩こりにも効果があります。

肩こりの主な原因は、筋肉疲労と血行不良です。

合わないマットレスで就寝すると、肩回りの血流が悪くなり、筋肉も十分に休息できません。

そのため、マットレスを替えるだけで、肩こり解消に大きな期待ができるのです。

長年肩こりで悩んでいる方にも、モットンは強くおすすめできます。

枕もこだわるべきですか?

モットンだけでも十分な効果に期待できますが、できるなら枕にもこだわった方がいいです。

理想の寝姿勢は、脊柱のS字カーブを保つものでした。

S字カーブは、背中から臀部にかけてと頸椎から胸部にかけての2つあります。

マットレスが背中から臀部のS字カーブを支えるなら、枕は頸部のS字カーブを支えるのです。

首部分は背骨の起点となるため、首部分のS字カーブが崩れると、残りの背骨にも悪影響を与えます。

そのため、適切な枕を選ぶことで、肩こりも腰痛も緩和されるのです。

枕選びのポイントは様々ありますが、大切なのは高さ。

頭部・頸部の間にできる隙間をしっかりと埋めてくれる枕を選びましょう。

モットンは肩こり・腰痛対策の枕も販売しています。

高さ調節シートが計6枚付いているので、おすすめの枕です。

もちろん高さが合っていれば、他のメーカーの枕でも問題ありません。

モットンにはカバーもついてきますか?

モットンを購入すると、ポリエステル100%のカバーがついてきます。

カラーはホワイトで、高級感あふれるベロア素材です。

ベロア生地とは、毛羽立てて作られた生地で、コートやジャケットの素材に使われますよね。

保温性がとても高い素材のため、秋から冬にかけては重宝します。

しかし、夏は暑さを感じるかもしれません。

夏は肌触りがさらりとしたベッドカバーや敷きパッドを使うのがおすすめです。

もしモットンのベッドカバーが不要でも、絶対に捨ててはいけません。

返品する際は、マットレスだけではなく、カバーと保証書も送る必要があるからです。

モットンのマットレスを使った体験談と口コミ

最後に実際にモットンを使った方の口コミや評価を紹介します。

リアルな声は必ず参考になるので、ぜひ目を通してください。

長年の腰痛が嘘のようになくなりました

毎日最低8時間のデスクワークを数年間続けているため、3年ほど前から朝起きれないほどの腰痛に悩まされることがありました。

整骨院やマッサージに通っても、痛みがなくなるのは長くても数日だけ。

日常生活にも支障をきたし、仕事にも集中できない状態でした。

どうしても痛みが引かない日が数日続いたので、医者に行くと、マットレスの改善を勧められました。

そういえばもう何年もマットレスは変えていないな、と思いネットで評判の良かったモットンを購入。

初めは硬い寝心地に慣れなかったものの、数日で気にならなくなりました。

そして1か月たった当たりから、目覚めが良くなり始めたのです。

気づけば腰の痛みも気にならなくなり、今年でモットン使用開始から3年目。

生活の質も上がり、マットレスのおかげで人生が変わったと言っても過言ではありません。

短い睡眠でも身体がスッキリ!

子供が産まれてから、家事に育児にと大忙しで、肩や背中に張りを感じることが多々ありました。

ネットの記事に、マットレスを変えたら睡眠の質が変わると書いてあったので、その日のうちにマットレス探し開始。

肩こりと腰痛がひどくならないよう、人気の腰痛マットレス中心にいくつか候補を選び、最終的にはモットンに決めました。

決め手は、やっぱり返金保証があったことです。

とりあえずモットンを試してみて、合わなかったら他の候補にするつもりでした。

モットンに変えて数日後から、夜もぐっすりと眠れるようになりました。

忙しい旦那は短い睡眠時間でもすっきりし、私は子供との昼寝に重宝しています。

夜泣きで夜は眠れなくとも、モットンで昼寝をすれば体力の回復度が全然違うんです。

身体にフィットする感覚が気持ちいい

これまで低反発マットレスを使っていたため、何となく高反発は私に合わないと避けてきました。

しかし、50歳を迎えた当たりから、腰の痛みが気になるようになったのです。

娘に相談すると、モットンを勧めてくれました。

高反発マットレスだから合わないよ、と断っても返金保証があるから、とりあえず90日試してと娘も譲りません。

お金が無駄になることはないため、とりあえず言われた通り試してみました。

初めて横になった時、予想以上に快適な寝心地にびっくりしました。

下から優しく押し上げられて、フィットする感覚がとても気持ちがいいのです。

初日からぐっすりと眠れて、結局返品することはなく、数年間使い続けています。

モットンが怪しい・やらせと言われる理由

ネットでモットンを検索してみると、「モットンは怪しい」や「モットンには効果がない」などのマイナスな意見が出てきます。

ただ、そのようなサイトを見てみると、実際に使っていないところが多いです。

使ってもいないのに、モットンは怪しいと言うのはおかしいですよね。

もちろん多くの方に使用されている人気商品なので、本当に合わなかった人もいるでしょう。

しかし、発売から約10万本の販売を達成しており、満足度94.2%という数字を見ると、多くの方が効果を感じていると分かります。

また、90日の返金保証は信頼の証だと思います。

怪しい業者や効果に自信がないメーカーは、決して返金保証を設けていません。

まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

マットレスと腰痛の関係性、そして私がモットンをおすすめする理由が分かって頂けたと思います。

もう一度、本記事で抑えて頂きたいポイントをまとめます。

・原因が分からない腰痛だからこそマットレスにこだわる
・理想のマットレス3つの条件(体圧分散性、睡眠姿勢、寝返りのしやすさ)
・マットレスの硬さを選べるのはモットンだけ

モットンは腰痛対策や睡眠の質改善に最適なマットレスです。

返金保証もあるので、少しでも気になる方はとりあえず試してから、購入を検討してみてください!